第40回夢前川川まつり&吾妻町青年会総会

夢前川河川敷で『第40回夢前川川まつり』が開催されました。

P1000774

昭和48年に第1回が開催されてから今回で40回目の開催ですが、周辺地域の初夏の風物詩として親しまれており、私も幼少時代から大変楽しみにしていたお祭りです。

P1000775

広畑天満宮三木宮司による神事

今回で40回の節目の開催ということで、開催に尽力されてこられた広畑経済同友会の皆さんには頭が下がる思いです。

P1000778

広畑経済同友会田村会長のご挨拶

P1000782

私たち吾妻町住民有志で管理している国道250号線の歩道の花植えが『地域功労賞』として表彰され、伊藤自治会長が代表で賞を受け取りました。

ここ数年は、東日本大震災の影響での開催自粛、川の増水、降雨等による悪天候の影響等で、全てのプログラムが実施できない状況が続いていましたが、今日は絶好のお祭り日和、というより暑いくらいの日差しで熱中症に注意しなければならないような天候での開催となりましたが、夜には播磨地方のトップを切っての打ち上げ花火も行われる等、多くの方々で賑わいました。

P1000784

P1000787

広畑中学校吹奏楽部の演奏がまつりに花を添えてくれました。

このお祭りは、開催することが地域の活性化の一翼となっていますので、今後も、50年、100年とぜひ、継続していただきたいと思います。

夜には、地元の吾妻町青年会の総会に出席しました。

青年会は、子ども会の球技大会のお手伝い、秋祭り・年末警戒等の世話役活動、会員親睦のための壮年ソフトボールへの参加等が主な活動です。

今日の総会では町内の活性化などについて色々と意見交換を行いましたが、一番の悩みの種は子ども会への加入率が減少しており、そのことにより球技大会や秋祭りの運行等に支障がでることも考えられることです。

昨今の若いご父兄の考え方には中々理解できないことも多々ありますが、我々現役世代が知恵を絞り、地域の元気づくりに貢献していかなければと、改めて同世代の仲間と確認しました。

▲このページの先頭へ