新総合計画策定審議会

現行の姫路市総合計画『ふるさと・ひめじプラン2020』は平成21年度からスタートし、令和2年度が目標の最終年度となるため、新たな総合計画を策定するための第1回の審議会が開催されました。

会長には太田 勲 兵庫県立大学学長にご就任いただきました。

各種団体代表、学識経験者、市議会各常任委員会委員長など53名に委員に清元市長から委嘱状が手渡され、今後は『市民活動』『環境・産業・観光スポーツ』『健康福祉・教育』『都市基盤・防災・安全安心』の4つの分科会で議論が行われ、令和2年度中の策定を目指します。

新たな姫路の道標として、未来に責任が持てる計画となるよう取り組んでいきたいと思います。

▲このページの先頭へ