2014年6月の投稿一覧

製鉄記念広畑病院『スイーツパーティー』

製鉄記念広畑病院は元々は『新日鐵広畑病院』という名称でしたが、2年前に『公益社団法人製鐵記念広畑病院』に移行されましたが、労働組合は『新日鐵住金広畑労働組合病院支部』として活動をしています。

その関係で、病院で働く皆さんとは日頃から連携をさせていただいており、今日は病院支部の文体活動として『スイーツパーティー』を企画されており、ご案内いただき参加させていただきました。

P1000920

準備されたケーキが見る見るなくなっていきます。

大半が看護師さんを含め女性が占めている職場だけに、『スイーツ』というキーワードで多くの皆さんが参加されていました。

P1000921

病院勤務は激務ですので、支部役員の皆さんの工夫により多くの皆さんが少しでも日常の忙しさを紛らわし、懇談をするということは非常に良い機会だと感じました。

しかしながら、私は甘いものは全く苦手でして、会場の甘い匂いで、胸いっぱいになってしまいました…

地域防災対策特別委員会

今日は、地域防災対策特別委員会に出席しました。

付託議案がないため、報告事項として、

(1)姫路市防災会議『津波対策検討専門委員会』での検討内容

(2)兵庫県による南海トラフ巨大地震津波被害想定

(3)風水害時の適切な避難行動

(4)地域防災マップの進捗状況

の4点について報告を受けました。

県が公表した南海トラフ巨大地震の津波被害想定では、最悪の場合、姫路市で死者435人、負傷者2,767人、建物被害が全壊2,033棟、半壊15,133棟という甚大な被害が想定されていますが、現実性が若干乏しいのも事実であり、私も含め委員からはもう少し精査すべきではないかとの指摘がありました。

市側としても、一つの警告として捉え、しっかりと精査して住民に周知していきたいとのことでした。

P1000918

また、風水害時の適切な避難行動では、佐用町等の豪雨水害で住民が避難中に被害にあったことを踏まえ、避難所に避難した方が安全な『水平避難』と自宅の2階等に避難した方が安全な『垂直避難』を区分した啓発チラシの案が報告されましたが、浸水深1m以上の町丁目で区分した際に、あまりにも現状に即さない地域も出てくることが我々委員側から指摘がなされ、当局もそのあたりをどのように表記して地域に説明するかが課題であり、今回の指摘を受け再度検討を重ねていきたいとのことでした。

47歳の誕生日

今日は特段の予定が入っていなかったため、大学生の娘が一人暮らしをしている京都まで、衣替えのため夏用の衣類や布団を持ち込みました。

娘も一人暮らしをしてはや一年が立ち、大学生活を満喫しているようですが、部屋の方は全然片付いておらず妻も頭を抱えていました。

しかしそこは母親です。綺麗に掃除をしてあげていました。

ところで、今日は47歳の誕生日だったのですが、娘からは明日の父の日と込みでポロシャツをプレゼントしてもらいました。

P1000911

娘が買ってくれたポロシャツ

誕生日と父の日をセットにしてのお祝いということで、嬉しい反面、損をしたような気分も…

いずれにしても、一度しかない大学生活ですから、しっかりと目的意識を持って、有意義なキャンパスライフを送ってもらいたいものです。

 

文教委員会

一昨日、昨日と本会議個人質問で、計8名の議員が登壇しました。

姫路市が国に申請した『地方中枢拠点都市制度』の見通しや『防災対策』、来年4月に行われる統一地方選での石見市長の出馬表明等について、質問される議員がそれぞれの観点から質問されました。

今日は、所属している文教委員会に出席しました。

文教委員会に付託された議案は夏休み等を活用しての学校の大規模改修議案が主なものでしたが、私からは学校現場に影響のないよう、また児童・生徒の安全確保をしっかりと行っていただくよう要望しました。

また、今回の報告事項では市立姫路高校が平成27年度から『サイエンスキャリアコース』を『探究科学コース』に新たに改変するとの報告がありました。

P1000910

市立姫路高校のコース改編概要

サイエンスキャリアコースは平成15年に開設し、10年が経過しましたが、当初は科学技術等を中心にカリキュラムを進めていましたが、近年は理系・文系のどちらの要素を持ち合わせた『文理融合型』の学部を設置する大学が増えたため、生徒の進路希望の実態を考慮し、改変に踏み切ったとのことです。

主な特徴としては、これまでの理数系主体のカリキュラムから探究活動を重視したカリキュラムにして、2年生次から理系・文系の選択を可能とするそうです。

探究には、兵庫県立大の大学院生にサポートしてもらい、さらには『Spring8』、『SACLA』などの専門機関を訪問するカリキュラムを導入するとのことです。

因みに募集人員は『1クラス40人』だそうです。

来年度からは高校の通学区域が5学区に再編され、また直近の市立姫路高校の募集倍率もあまり芳しくない状況だったため、姫路市教育委員会として『攻め』に打って出た施策であり、非常に評価できるものと思いました。

しかしながら、少子化時代での学校再編や統廃合も検討されることも当然予測されるだけに、私からは市立琴丘高校や市立飾磨高校についても、新たな改変等を含め、ぜひ検討いただきたいとの要望をさせていただきました。

広畑第二地区壮年ソフトボール大会

校区の壮年ソフトボール大会に参加しました。

参加8チームを、抽選でA・Bブロックに振り分け、どのチームも2試合を行う変則方式で、また、誰もが楽しめるよう、ウィンドミル投法は禁止、盗塁やパスボールでの進塁もなしというローカルルールで行われました。

私の所属する吾妻町も最近はパパさんソフトボールの参加率が少なくなっていましたが、今日は終了後に懇親会を行うということだったので、17名の方が参加しました。

結果は、吾妻町チームは2勝してAブロックで優勝しました。

私の方は、練習不足と筋力の老化で思うような成績とはいきませんでした…

写真

打撃フォームは悪くないと思うのですが…(妻が撮影してくれました。)

終了後は、地域の仲間とワイワイ・ガヤガヤと楽しく懇親でき、リフレッシュできた1日となりました。

▲このページの先頭へ